慰謝料による離婚問題は弁護士へ相談|トラブルをスピード解決

夫婦間トラブルを解決する

男性

長く夫婦を続けていれば、もう離婚するしかないと思うことが1度や2度はあるものです。時間が解決してくれるような些細な夫婦間トラブルであればよいですが、そうでない場合は弁護士の相談サービスを利用してみるとよいです。弁護士は、法律の専門家の立場から夫婦関係を修復するための的確なアドバイスをしてくれます。

More Detail

相続問題でお悩みの方へ

スーツ

平成27年から相続税制が改正され、今までと比べて相続税の基礎控除額が大幅に削減となっています。そのため、以前にも増して早めに相続対策を考えることが重要になってきています。名古屋で相続税対策でお悩みであれば、早めに税の専門家である税理士に相談してみるのがよいといえます。

More Detail

浮気が原因で別れる場合は

男性

プロの助けを借りましょう

夫婦が別れる理由は様々ですが、配偶者の浮気が原因で離婚に至るケースが少なくありません。日本では、夫婦になった男女は互いに貞操義務を負うことになっています。貞操義務と言われてもピンと来ないという人がいるでしょうが、わかりやすく言うと、配偶者以外の異性とは性的関係を持たないという義務です。浮気はこの義務に違反する行為ですので、浮気された配偶者は、配偶者の貞操義務違反を根拠にして離婚できることになっています。また、配偶者として享受できるはずの権利を侵害されたことになりますので、不法行為に基づく損害賠償請求をすることも可能です。この損害賠償金のことを一般的に慰謝料と呼んでいます。ただし、慰謝料請求にすんなりと応じる配偶者は少ないので、法律の専門家である弁護士の助けを借りるようにした方がよいです。離婚の可否や慰謝料額を裁判の場で争うようになるケースがしばしばありますが、弁護士は依頼者の代理人として訴訟行為をすることが認められていますので、頼りにすることができます。

決めるべきこと

離婚する際に、当事者間で揉めてしまうことが多いのは、金銭の支払いを伴う問題と、子供の親権の問題です。離婚時に発生する金銭トラブルと聞くと慰謝料のことを真っ先に思い浮かべる人が多いですが、慰謝料の問題だけを話し合えばそれで済むというわけではありません。その他にも、夫婦の共有財産をどうやって分割するかという問題や、子供の養育費の問題、年金分割の問題などがあります。愛し合って夫婦になった男女でも、離婚という局面に至った段階では、既に愛情も信頼関係も失われています。当事者だけで話し合っても、合意に達するどころか、感情的になって問題をこじらせてしまう可能性が高いので、冷静な第三者である弁護士に介入してもらうのが望ましいです。先程も述べたように、弁護士は訴訟代理権を有していますし、複雑な問題を冷静に分析する明晰な頭脳も持ち合わせています。また、交渉術にも長けていますので、依頼者が有利になる方向で離婚問題を解決してくれます。

親が亡くなった場合には

法律書

親が亡くなると、あとに残された子供は様々な手続きをとる必要に迫られます。たとえば亡くなった親が抱えていた多額の借金を引き継ぎたくない場合は、親の死後3ヵ月以内に相続放棄の手続きをとらなくてはなりません。東京には、そのような手続きを本人に代わって行っている専門家がたくさん存在しています。

More Detail